消費者金融の
元金均等返済


元金均等返済とは、元金を返済回数で除した金額に、毎月の発生利息を加えた額を毎回の返済金額とする方法

元金均等返済の利息は元金の残高に対して発生する為、返済回数が進むにつれて、毎月の返済額(利息部分)が減少していくのが特徴である。例えば、10万円を月利2%で借りて、10回払いで返済する場合、1回目(1ヵ月後)の返済額は、元本部分が10万円÷10ヵ月=1万円、利息は10万円×0.02= 2,000円。したがって、1ヵ月目の元利合計返済額は12,000円になる。2ヵ月目は、すでに元本が1万円減少しているため、1万円+(9万円× 0.02)=11,800円。


消費者金融キャッシングTOP